ふらふらさまよって……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こっそり再開。町田・小山田緑地

このブログ、諸事情により5年にわたって放置しておりましたが、
気ままな諸事情により再開いたします。
気ままにもほどがあるか。

記録的な大雪となった2014年2月14日から約1週間の2月22日。
なんとなく見晴らしのいい場所に行ってみようと思い立つと、
このところよく巡るようになった町田方面に出向き、
小山田緑地にある「みはらし広場」へ。

町田の丘陵地帯はリアルに山里、山中、というエリアが
まだまだけっこうあって驚きます。狸も多いわけだ。

小山田緑地は駅でいうと小田急線の唐木田とか多摩センターに
近いのかな。公園化されたその一角にある、みはらし広場。
初めて行きました。

みはらし広場の近くに駐車場があるんですけど、雪かきされたスペースが空いておらず、
雪ゾーンに何度かスリップしながら強引に駐車。
園内、運動広場では子供らが残雪上でサッカーに興じており、斜面では
ソリで遊ぶ親子がちらほら。

で、みはらし広場。丹沢方面の雄大な雪山的景色が望めるかと
期待して来たのですが、この日はちょっと霞んでて、ちょっと残念な風景。
もう春なんだな。

みはらし広場から見晴らす
みはらし広場から見晴らす

残雪が多くて散策するのも大変そうなので、ざっと見晴らしたら退散。

途上の山中で、祠の白狐様と見まがう白犬さんに挨拶しつつ、町田をあとにしたのでした。

whitedog
小屋から出てきて怒ってる。ごめんよ

スポンサーサイト

ばくぜんと日野

日野坂
この写真ではなにもつたわりませんが……

司馬遼太郎さんが、日野(石田地区)に関して書き残したものに、
「都下にしてはめずらしい美しい村」とか、
「浅川堤からながめたひろやかな水田風景がじつに美しかった」とか、
「春の雨の日など、もっと様子のいい村になるだろうと思われた」等々の
表現がありまして、わりとご近所住まいの自分としては「えっ、そお?」
と思った覚えがあります。

もっとも、エッセイに書かれた印象というのは、「燃えよ剣」の、土方歳三の取材のために訪れた、昭和30年代とか40年代ごろのことらしかったので、
「ああ昔はそうだったんすね」と、何となく読み流してしまってたんです。

とことがこの春先の新緑のころから初夏にかけて、ただの成り行きですけど、かつてない勢いで日野をめったやたらと行き来していたら、石田地区に限らず
「日野ってけっこうステキ」ということに、あらためて気づかされたのであります。

丘陵は削られ田畑はつぶされ道路が通って新興住宅がデタラメに乱立。
昔年の光景からすれば無惨な状況なのかも知れません。

しかし随所に片鱗はのこされているようです。

多摩川や浅川、台地・丘陵などで構成された環境からか、空が広く感じられる
ところが多く、森林や田園水路、旧家、古木、古刹、名所・旧跡などがほどよく点在。

季節がいい時にうろついてたこともあって、いつもいい風が吹きわたっており、
すっかり日野に謝りたい気分になったのでした。

犬、来る。国立PUP SWEET

かねてから娘が熱望していた犬との生活。
この春、それを実現させることとなりました。


犬の手配(?)をお願いしたのは、昨秋オープンしたばかりのペットショップ、
「PUP SWEET」(パップスイート)。

国立谷保、甲州街道から、国立府中インター入り口方面に入ってすぐのところ、道路東面にあります。

良きものを探り当てることに関しては、なにやら動物的なセンサーを備えている妻が、ある日折り込みチラシに載っていたお店の記事を発見、とりあえず行ってみたのがきっかけ。

小型犬の専門店で、スタッフの方々が自然体で犬さんたちをとっても大事にしており、とにかく感じがよく、満場一致でここがいいな、ということで、犬の手配をお願いしたのでした。
つまり店頭で気に入った犬がいた、のではなくて、先にお店ありき、ということになったわけであります。

たぶん立地条件はそんなによくないのですが、店内には何というか、いい空気がただよってる感じで、つい長居してしまいます。娘などは「将来、お店を継ぐ」などと口走るありさま。

日だまりTio

そんなこんなでやってきたのが、このお方、トイプードルの男児。
現在まっくろで、ただの何かのかたまりのようですが、
やがてシルバー(グレーなヤツ)になる。はずです。

見上げinケージ
ん?


長沼公園絹が丘緑地、駆け込み花見。

絹が丘094
部分的に見ると、どうにか咲き誇ってる

今年は桜満開の時期を逸し、4月の11日、散り際ぎりぎりに
昨年同様、長沼公園のはずれ、絹が丘緑地へ。

長沼っていうと稲城にもありますが、こちらは八王子のほうです。

ここ、丘陵の斜面で、うかつな場所に陣取ると全員滑り落ちるし、
桜の木もそんなにたくさんあるわけじゃないので、腰落ち着けて
花見、っていう場所じゃありません。

だから当然、大宴会も開催されていない。
というより、あまりとどまっている人々が存在してない。

ただ、丘の上で風になぶられながら散る花を浴びて遠く下界を望む、
ってのが、何ともいい感じのところなのであります。


旅気分でイオンモール日の出

日の出
日の出から望む日の入り

このところちょくちょくイオンモール日の出
に出向いております。

うちでは、ちょっとドライブがてら
大型スーパーに行く、という行為が、
休日の一番安易なレジャーと成り果ててまして。

地元昭島のモリタウンやジャスコはともかく、
武蔵村山のイオンモールやらダイエーやら
ザ・モールみずほ、そしてなぜか羽村のほうの
いなげやまで等々。
普通に日用品の買い物するだけであっても、
いちいち無意味に遠征したりします。

そんな中、イオンモール日の出は、場所が場所だけに
山々や丘陵が間近に迫ってて、かなり旅気分度が
高いのがポイント。車を停めるのも、
あえて見晴らしのいい屋上パーキングへ。

店のつくりは武蔵村山あたりとそんなに
変わらんのですが、どことなくただよう空気が
のどかというか、疲労感少なく過ごせる気がします。
大型ショッピングモールって、混んでたりすると
ぐったりしてしまうことが多いんですけどね。

フードコートも、わりとすんなり
場所が確保できたりします。
人口が少ないだけのことか?

それでまあ、先の日曜も例によって妻子をたぶらかし、
わざわざ日の出まで参じ、ついでに(?)買い物をして、
つつましい半日旅行をでっち上げたのでした。
プロフィール

AKAの島

Author:AKAの島
昭島市内、
多摩川左岸付近に在住。

スキを見つければ多摩地区のあちら
こちらを、おもにクルマで巡っています。

そんな多摩めぐりを中心に、気ままに
とりとめのない事々を書き連ねます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。